出雲風土記の丘・茶臼山(171m)

2024年07月03日(水)晴れ ランク:C2 参加者:9名 企画:五十嵐 撮影:藤井
コースタイム:風土記の丘P9:20→まむし谷池分岐10:10→道迷い引き返し10:37→まむし池11:07 →風土記の丘東屋11:35/12:00→風土記の丘P12:05→山代二子塚古墳P12:25→茶臼山登山口()12:40 →茶臼山頂上13:15→ 東登山口14:00→山代二子塚古墳P14:25
雨マークの間に1日だけの晴れマーク。ぬかるみを覚悟したが案外だった。このコースを初体験の方は3名。 ゆっくり行きましょう。 誰にも出会わず黙々と歩いているうち、まむし池への分岐に気が付かず直進していた。 こんな急登があったっけ?スマホ確認で間違っていると知らされた。 知らない道ができていたなんて、今度行ってみなくては。 樹木の影を行くときはまだしも、とにかく暑い暑い。 風が吹き抜ける風土記の丘東屋で昼飯とし、後半の茶臼山へ。 ロープで降りる場所では、女性達「たのしい〜」の合唱。 この暑さ、野放図に繁る藪、蜘蛛の巣だらけのルートだったのに、バライティがあって面白かったとの感想をいただき嬉しかった。

風土記の丘駐車場から出発

森の中を涼しく歩く

まむし池への分岐

少し迷ってまむし池へ下る

さらに下ったまむし谷池は明るく大きい

今日のメンバーは話好きの9名

風土記の丘に戻り東屋で昼食談笑

新ルートから茶臼山山頂に登る

大山は山頂まで見えた

大橋川を挟んで対峙する和久羅山、嵩山は戦国期の舞台

”山!”のポーズ(剣岳山頂での思い出)

もう一人います

ロープの急坂

皆はしゃいで楽しそう

東尾根の縦走路はやぶ漕ぎが多く長い

八幡溜池へ下って出発点に戻る一周コース。里山でも2山はなかなかのものだった。

最後に山代方墳の見学。展示はなかなか面白かった