救助訓練(島根県連)

6月19日(日) 晴後曇 投稿者:藤井諭
県連理事長の呼びかけで県連四団体が大山に集まり、遭難救助訓練が実施された。
今年は北壁の会の指導で、岩場での怪我人搬出の実地訓練を行った。
日頃の山行リーダである精鋭17名が川床に集まった。天気も梅雨の晴れ間に恵まれ、1日かけて充実した訓練が行われた。

北壁の会(岡会長)による救助訓練の準備

ポロネ結びによる確保法

懸垂下降時のバックアップ技術

マッシャーなどのバックアップが8鐶と近すぎると絡んでしまう悪い例

ガードレールを使い懸垂下降の訓練

訓練場所は川床の赤い橋付近。遠く三鈷峰を望む

カラビナのハンマーストによる懸垂下降

前半を終わり木陰で昼食休憩

後半は負傷者の搬出。ハーネスから下降ロープに連結する手順

メインロープとサブロープの関係

後から見たザイルによる背負い方

急斜面を背負って降ろす

負傷者を後ろから介添えしながら歩いて降ろすロープの組み方

急斜面で負傷者を介添えしながら降ろす

8鐶でロープを繰り出す操作

介添えの場合のユマールを使った繰り出し方

ザイルによる担架の作り方。2mくらい残しておく

全体が組み上がる

カラビナとシュリンゲで負傷者の支えを作り完成

最後に講師陣を囲んで集合写真

島根県連の四団体の精鋭が集まり、充実した一日でした