M E N U


ようこそ

会員募集

お知らせ

ギャラリー

トピックス

会報

登山教室

個人山行計画カード

会員のホームページ

藤井諭の山岳写真集

インカの冒険


日本勤労者山岳連盟

アウトドア菊信

奥多摩山岳会

風の写真展


松江ハイキングクラブのホームページ

松江ハイキングクラブ(MHC)は1982年に創設されました。島根県松江市に事務所を置き、日帰りハイキングを主体にほぼ毎週活動しています。 誰でも気軽に入会でき、安全に、楽しく、安く、登山やハイキングを楽しむことができます。 中国地方を中心に、四季を通じて山行を行っています。バス山行や国内の遠征登山も行っています。 下記の定例山行の中で興味のある方は気軽にお問い合わせください。

6月の定例山行

6月2日(日) 大出日山〜天狗山:3年ぶりの挑戦です。 この縦走路は、変化に富んだ縦走路であります。木立で日陰が多く、夏に向かってトレーニングに適した縦走路です。 ブランクがあった為に、笹藪がかなり成長していると思います。 久しぶりに「やりがい」のある整備山行になることでしょう。

6月9日(日) 大万木山〜琴引山:行程距離約15km、活動時間は7〜8時間と予想されます。 大万木山の頂上付近は、ブナの原生林(樹齢100年以上)が広がり、琴引山は出雲国風土記の古来より信仰を集めた山で、 天気が良ければ三瓶山や飯南町の街並み、広島方面と360度の展望が絶景です。

6月16日(日) 広島県民の森:梅雨の季節だからこそ清楚なササユリに出会えるでしょうか。 またミヤマヨメナは登山道脇いっぱいに咲いて迎えてくれるでしょうか。 昨年は見事なササユリを愛でることができました。

6月23日(日) 天馬山・車山:広瀬町上山佐の天馬山は、その昔南北朝時代に城があったといわれる山で今は公園として整備されている。 車山は安来市飯梨町にあり、出雲風土記に奈良時代烽火が置かれていたと記されている。 いずれも30分ほどで登れる山なので、歴史に名を残す山々をのんびり散策してみましょう。

6月30日(日) 猿政山:今年も昨年に引き続き島根県側の上阿井より登ります。 多くの沢と樹林で容易に人を寄せ付けない孤高を感じる山。 稜線までの急勾配に続く薮漕ぎ、ロープ・木の根・岩等、あらゆるものを手掛かり足掛かりにしての崖の直登に悪戦苦闘を覚悟しましょう。 自然のままでさして整備されていない登山道で眺望も決して良いとは言えませんが、いよいよ夏の登山シーズンに備えて是非一緒に登りましょう。

7月の定例山行

7月7(日) 鯛の巣山: 奥出雲阿井盆地に入るとどっしりとした雄姿を見せてくれるのがこの鯛の巣山です。 クラブ山行は久しぶりの企画です。コウモリ岩経由で山頂に行き帰りは滝を見て下ります。 山頂の展望台からは向かいに猿政山を間近に望めるのも楽しみの一つです。

7月14日(日) 道後山: スキー場上の月見が丘駐車場まで車で上がり、約1時間ほどで登れる手軽な山です。 女性的ななだらかな山容で展望が良く、山頂からは北東に大山、西に比婆山連峰を遠望できます。 山頂で豚汁を作ったり、景色を楽しんだりしてのんびりしましょう。

7月21日(火) 大山・ユートピア: 夏山登山道にくらべ、難所の多いユートピアコースは、ブナ林の中を登っていくと、 中宝珠越のあたりからの北壁を間近に見る事ができます。 ユートピアはクガイソウ、シモツケソウ、コオニユリなどのお花畑です。 三鈷峰へはスリルあるガレ場を通り山頂へ、そこは、360度の絶景です。

7月25日(木)〜29日(月) 北アルプス後立山連峰フリー登山バス: 募集は締切りました。

7月28日(日) 仏経山: 出雲風土記で神名火山と呼ばれた宍道湖を囲む4つの歴史ある山の1つで、 後に尼子経久がこの山に寺を建立し、以来仏経山と呼ばれました。 1時間ほどで山頂に着き天気が良ければ日本海、大山、三瓶山が望めます。 帰りには湯の川温泉で汗を流しましょう。