M E N U


発売中!詳細はこちら

ようこそ

会員募集

お知らせ

ギャラリー

トピックス

創立40周年記念事業

会報

登山教室

個人山行計画カード

会員のホームページ

藤井諭の山岳写真集

日本勤労者山岳連盟

アウトドア菊信

奥多摩山岳会

風の写真展


松江ハイキングクラブのホームページ

松江ハイキングクラブ(MHC)は1982年に創設されました。島根県松江市に事務所を置き、日帰りハイキングを主体にほぼ毎週活動しています。 誰でも気軽に入会でき、安全に、楽しく、安く、登山やハイキングを楽しむことができます。 中国地方を中心に、四季を通じて山行を行っています。バス山行や国内の遠征登山も行っています。 下記の定例山行の中で興味のある方は気軽にお問い合わせください。

9月の定例山行

9月5日(日) 石見冠山:島根県のほぼ中央部、旧石見町と旧瑞穂町の境をなしており、 矢上盆地の東に美しい姿を見せている山です。クラブ山行は4年ぶり!西中国地方には「冠山」という名が多く、区別するために各地の地名をつけています。 この山は通称「石見冠山」と呼ばれています。 急坂もあり、途中の展望はありませんが、頂上は視界360度、展望抜群! 大江高山、三瓶山が見渡せ、大山も遠望できるかも。

9月12日(日) 仏経山・鞍掛山:仏経山は、出雲風土記に四つの神名火山が記されていますが、その一つです。 展望広場では、出雲北山から斐川の町、宍道湖などがよく見えます。 また鞍掛山は、ロープを利用し急登を登ります。 頂上からの眺めはいまひとつですが、少し足をのばすと龍岩につきます。 そこからは、阿宮方面の視界が良好です。

9月15日(水)比婆連峰・竜王山:深まる秋の気配を感じながら広島・備北最深部の歴史ある名山へ向かいます。 熊野巨大杉の並木、名瀑・那智の滝、山頂での大眺望、ススキや多彩な草花と出逢い、爽やか過ぎる空と風! 登りに約90分ほど頑張ればこれらの光景が貴方の胸にキュンと伝わり、気分は最高潮に達するのです! 中国山地の地図を見ながら眩しく連なる周囲の山々を確認するのも知識習得できて楽しい時間でしょう。お試し山行参加歓迎!

9月19日(日)坪背山:出雲大社の西北にある低い山ですが、海岸から登るので標高差はあります。 奈良時代、朝鮮の新羅が攻めてくるのを見張り、都へ知らせる烽火(のろし)台があったと出雲風土記に記載されている山で、日本海、三瓶山方面の山々を望むことができます。 今回は、車を猪目峠に回しておいて海岸側から登り大社弥山へ向かう縦走路を歩いてみます。

9月26日(日) 大山・甲川〜庄司ケ滝:大山の東方、船上山、勝田ヶ山、甲ヶ山、矢筈ヶ山、野田ヶ山そして大休峠から流れ出す清涼な水滴は一つになり甲川としてやがて日本海へ注ぎます! その最深部の静寂な名瀑・庄司ヶ滝の深まる秋景色の探求・探訪に挑みましょう。 渓流沿いから見上げる山々の稜線や周囲の景色に対峙すれば、深山幽谷の豊かさを全身に感じます。 沢沿いには、昨年見つけた希少な黄色いタマガワホトトギスが数本自生している筈なのです。 滝壺付近にはダイモンジ草の清楚な白い花が群生しており、周囲にはキノコ類も沢山でてきますから、食用の分類をして見るのも 秋の楽しみな一つです。

10月の定例山行

10月3日(日)烏ケ山:奥大山、冬も含めてタイミング悪そうですがその ジンクスを破って、今年は左回りで新小屋峠から一周しましょう。頂上直前の最後の登り、わくわくし ますね。あの宇〇田さんも登ったのでしょうか?(古いですねー)。今年の紅葉はどんなでしょう。

8月22日(日) 早朝大山:年初の計画では前日に頂上の避難小屋泊をして翌朝 日の出を拝み、早朝に上ってきた仲間と合流する予定でしたが、コロナ感染拡大が収まらず今年も小屋泊は 断念しました。日の出は見られませんが、涼しいうちに登って昼飯前の仕事としましょう。

10月10日(日) 烏帽子山〜比婆山:久々に烏帽子山から比婆山(御陵)を縦走します。 時間があれば、池ノ段や最高峰の立烏帽子山(1299m)まで足を延ばして、ぐるっと一周します。ロン グコースになりますが、きれいに整備された広い登山道を快適に歩き、深まる秋を満喫しましょう。

10月13日(水) 道後山:草木達が黄金色に色づき始め、秋風吹き抜ける中 国山地の草原をのんびり歩きます。途中道後山より少し背の高い岩樋山(1271m)を経由して、ス スキ・ウメバチ草・マツムシソウ・リンドウ・桔梗・タムラソウやユウスゲなど・・・秋の草花を存 分に楽しみたいと思います。帰路は時計方向に周遊して池塘の珍しい植物を観察してみましょう!この 日はまさにハイキングそのものを楽しめ満喫できる最高のコースです。お試し山行参加歓迎!

10月17日(日)大森要害山:戦国時代、石見銀山をめぐり尼子・毛利の攻防が 繰り返された時代、その要となったのが大森要害山(山吹城)でありました。銀山のあった仙ノ山(5 38m)の西にあるこの谷は、銀鉱石の採掘、精錬に携わる人が数万人住んでいたといわれています。 大森の街を散策しながら要害山へ向かいます。そして時間があれば世界遺産センターへ寄って石見銀 山の歴史を振り返ってみます。

10月24日(日)蒜山三座縦走:今回は上蒜山〜中蒜山〜下蒜山へと例年の逆コースを 辿ります。歩行距離約 11 ?、所要時間約 7 時間と見込まれます。10 月も下旬。ススキの原や紅葉など秋 たけなわの蒜山を楽しみましょう。

10月31日(日)女亀山・瀬戸山城跡:女亀山は島根と広島の県境にあり赤名峠の隣に位 置します。神戸川の源流があり、山頂には一等三角があります。最後の民家付近に車を置いて歩きま す。紅葉が盛りの時期、山頂でゆっくり昼食休憩しましょう。下山して車移動し、瀬戸山城跡へ登りま す。戦国期に赤穴氏の築いた重要な山城でした。本丸からの抜群に良い展望をゆっくり楽しみましょ う。